旅の記録あらため日々の記録ということで・・・
by TA-ZZE123G
カテゴリ
全体
このブログについて
ひとりごと(つっこみ歓迎)
旅の記録
くるまのこと
F1
Photo
にゃんこ
PC・ネット
国際社会
以前の記事
<   2004年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
補足
なかなかblog書く時間がとれない・・・。というより、PC起動すらしていない日が続いてます。

で、イラク問題について少しだけ補足。

そもそも米国は、米国の国益のためにイラクを攻めているのであって、イラク国民のためでもないし、国際社会のためでもない。国家が他所の国のために金と人をつぎ込んで戦うわけがない。(ただし、この国益というのがあやふやなもので、具体的に利を得るのが誰なのかは定かではなく、それは追求すべき問題。)

例えば、どれだけ問題を抱え潜在的脅威となっても、米国が北朝鮮を攻める事は無い。その理由は、NBC兵器が使用される事を恐れるからではない(どこぞの新聞にはこういう事が書いてあった。これが理由なら、イラクを攻める事だってできなかったはず・・・。)
米国が攻めれば、北朝鮮の政権はさほど時間を置かずに崩壊する。自動的に南北朝鮮統合となり、韓国の経済は破綻、韓半島は不安定化する。そのとき、中国はどう動くか。
不安要素が、現状よりも増えてしまうことになる。

パクスアメリカーナを歓迎するわけではない。しかし、もはや否定できないもの、受け入れざるを得ないものだと考えている。アメリカは既にそれだけの力を持つ唯一の国になってしまっているのだから・・・。
[PR]
by TA-ZZE123G | 2004-11-24 23:19 | ひとりごと(つっこみ歓迎)
またまたイラクについて
イラクの状況とそれに関する意見を求めて、いろいろなサイトやblogを彷徨っていました。
米軍の行動を肯定する意見はあまり見かけることがなく、反対する意見が圧倒的多数。
その他に、これが現実だ。、仕方がない、という意見が少々。
念のために断っておくと、私は、米国としては然るべき行動をとっているだけで、その結果が現状だと思っており、概ねこの少数派の意見に入るのかと思います。

まあ、実際にあれだけ民間人への被害が報道され、人が沢山死んでいっているわりに、テロの抑制の面では効果が出ていないとなれば、肯定する方がどうかしているかもしれませんが・・・。

で、まず、見ていて疑問に感じたことなのですが、多くの民間人に被害が出ている事から人道主義的な観点で米軍の行動を非難している人たちが多いのですが、彼らは、(ありえない事だが)もし、死傷者がテロリストのみであっても、米軍を非難するのでしょうか。テロの鎮圧にはっきりした効果が出ていれば米軍の行動を歓迎するのではないでしょうか。

なお、人道主義的な主張は、軍を撤退させる際の表向きの理由にはなっても、実際に撤退を決定する材料になる事はありえないと思っています。米軍の撤退を主張するのであれば、米軍の撤退に必要な条件は何かを考えるべきで、そのためには米国がイラク攻撃を実行し今なお戦い続ける真の目的を探らなければいけないと思うのです。
しかし、個人のblogから大手メディアのサイトまで、人道主義的な米軍批判に終始しているというのが、正直な感想です。

とあるフリージャーナリストのblogで、「米国の引き起こす事に目をつぶっている」「ニヒリズムやシニシズムは、何の役にも立たず、状況を悪化させている勢力に利するだけ」と言われてしまいました。ニヒリズム?シニシズムって何??って思わず調べてしまいました。(笑)

私は、米国の振舞いをしっかりと見極めないといけないと思っているのと同時に、米国と対峙しているモノの真の姿を見極めたいと思っています。それなくして、米国という怪物の支配下に生きる日本の振舞うべき立場を見つける事は出来ないと思っているのです。
そして、人道主義的な批判だけでは、米国はもちろん日本政府を動かす事すらできないと考える、リアリストのつもりなのですが・・・。

あちこちのサイトを見て回ると、今回ファルージャで米軍が病院やモスクにまで手を出した事への非難が、結構沢山ありました。これも心情的には理解できるのですが、ゲリラ戦では聖域は存在しないのが現実です。ゲリラが潜伏又は逃げ込めば激しい戦闘になるのは避けられません。そのため病院、学校、宗教建築物といった場所は、極力早期に制圧するのが原則です。今回もこの原則に従った戦略をとっている様に見えます。

と言ったものの、残虐な行為が行われていることに違いはありませんから、米軍を非難する声が挙がる事は当然だとは思います。ただ、不思議なことに、全くと言って良いほど、米軍と相対する武装勢力側への非難の声が見られないのです。
私にとっては、イラクの将来をテロリストや武装勢力に委ねるより米国に委ねた方が良いと思うし、米軍が撤退するより武装勢力が投降する方が平和への近道だと思うのですが、皆が皆、米軍の撤退を平和への唯一の道の様に思っているのは何故なのでしょう。

これはありえない事ですが、このまま米軍が米国に対抗する勢力全てが果てるまで戦い続ければ、世界は今よりずっと安定するのでは、なんてことを期待してしまうのです。
[PR]
by TA-ZZE123G | 2004-11-13 02:15 | 国際社会
イラク戦争の本質?
イラクのことについて、再び。
dadaist_dancer01jさんが、香田君のご冥福をお祈り致します。の中で、いろいろな情報を集めた上での意見を書かれています。
これを読んで、自分の中にある考えに気付いたので、それを書いてみようと思います。

まず、小泉首相の言動について。
小泉首相が「自衛隊の撤退はない。」と発言したのは、犯人からの要求が自衛隊の撤退だったためであり、これを明確に拒否した発言は国家首脳として必要なものであった。
その一方で、政府は拉致の報せを受け、警察庁の国際テロリズム緊急展開班を派遣し、現地当局等の協力の下に捜査及び犯人との接触、説得にあたらせている。米軍からの情報が誤報であることを確認したのも、その後発見された遺体を香田氏と特定したのもこのチームである。
これ以上、政府に何を求めるのか。
私としては、それ以上の行動に税金を使う事は勘弁して欲しい。(余談だが、某北朝鮮へ亡命した元米国兵士とその家族に、なぜあれ程の優遇措置をとるのか。心情的には理解できても、国の施策として妥当なものとは到底思えない。)

今回の犯人は、本来イラクとは関係なく、反米活動を行うためにイラク入りしたテロリスト集団であり、自衛隊の撤退を本気で要求していたのか疑問に思っている。本気で自衛隊を撤退させたいなら、サマーワのキャンプに打ち込んでいるロケット弾の方向をちょっと変えて、実際に被害を出すだけで事足りる。わが国の政府は、自衛隊に危険が迫るようなら撤退させると明言しているのだから。

そもそも現在のイラクで米軍と対峙している勢力は誰なのか。
イラクの国民が米軍を快く思っていないのは事実だし、確かに、その一部は米軍への攻撃に参加するだろう。しかし、武器弾薬はどこから入手しているのか?イラク国民の平均的な賃金では、ロケットランチャーなんて長年働いても買えない筈。イラクの国民が米軍への反感から蜂起した、なんて事は絶対にありえない。あるとしたら、武装勢力に加わった方が真っ当に働くより金になるからだ。
「独裁政権の圧制の下にあるイラク国民を解放する」とか「イラクの国民のために復興に協力する。」等のスローガンの下に隠されているのは、もっと即物的な理由だろう。
米国は、何らかの目的を持って(おそらくはエネルギー政策の一環として)武力をもってイラクの内政に介入した。しかし、米国の思うようにされては困る何者かがいる。その何者かは、反米活動を行うイラク国内外のテロリスト集団や武装勢力に資金を援助し、米国の思惑を妨げている。多大な戦費をかけ最新鋭の兵器を駆使する米軍と対峙しえるだけの経済力があるわけだ。

我が国は、米国の尻馬に乗ろうとした。我が国の資本による油田開発、原油の供給確保の可能性が見えたからだろう。これがよかったのか悪かったのか、結果は時がたたないとわからないが、今の所、そのまま乗り続けるしかないだろう。
降りるとすれば、何時降りるかの見極めが重要だ。降りる時を間違えれば、全ての可能性を失う上に、米国からのペナルティーも覚悟しなければならないだろう。
[PR]
by TA-ZZE123G | 2004-11-08 01:17 | 国際社会
ネットについて 1
このところ、報道についていろいろ書いてきましたが、最近の報道について考えると、必ずネットの存在が重要な鍵となっています。ですので、ネットについていろいろ書いてみようと思います。
まずは、歴史です。特に情報の信頼性がどのように変遷してきたかを中心に・・・。

私は、まだieが出来る前、Windowsに標準でTCP/IPネットワーク機能などなく、プロバイダがまだ数社しかないころに、自分のPCをインターネットに接続しました。
ウェブブラウザが標準で付属していないのは当たり前です。なぜならウェブサイトがほとんど存在しなかったのですから・・・。英語の文献を必死に訳しながら、苦労してPCをセットアップし遠く離れたアクセスポイントにダイヤルアップでやっと接続したものの、当時の私にはまったく利用価値もないものでした。(Windowsやネットワークの構造に関する知識は得られましたが・・・。)
当時は、日本のインターネットの黎明期で、大学や研究機関が互いのネットワークを接続し論文や研究データの共有を始めたところで、ネットの利用者は主として研究者であり、情報の受信者が発信者でもある時代で、ネット上の情報のやり取りは暗黙のルールによって成り立っていました。(ネット上の情報交換を成立させるための、暗黙のルールの存在。)

そのうち、大手のパソコン通信事業者がインターネット接続を開始するとともに、接続プロバイダが次々と設立され、個人が情報発信できる体制が出来てきました。当初の利用者はPCを趣味とする人が主であり、発信される情報もソフトウェアやPC関連の情報に限られていましたが、プロバイダの料金が安くなるにつれ利用者が増加し、次第にそれら以外の情報のやり取りが増えていきました。とはいうものの、基本的には趣味の情報のやり取りが主であり、パソコン通信のフォーラムがインターネットに移動して来たといった感じで、嗜好を同じくする者同士のコミュニケーションの場であり、参加者のマナーやネチケットと言われるものの上に情報の信頼性が成り立っていました。(利用者の良識による暗黙のルールの成立。あるいはその明文化。)

利用者が増えるにつれて増えてきたのが、企業の広報サイトでした。はじめは、企業理念や経営状況、有価証券報告の転載等だったのが、徐々に、製品の詳細情報や新製品の発表等、広告としての利用が増え、ついにはカスタマサポートやオンラインショップがサイト上に登場しました。こうした企業による情報発信が、情報の受け手としての利用者の増加を促していったのだと思います。
(情報の発信者と受信者の隔離。)

同時期に、掲示板、チャット等のインタラクティブなウェブサイトも多く誕生しました。そこには、もともと情報受け手としてネットの利用を始めた多様な人が集まり、その多様さ故に混乱が発生しました。サイトの運営者の意図から外れた利用が問題となってきたのです。(例えば、いわゆる出会い系サイト等も、当初はまじめに出会いを求める人が集まっているところが沢山ありました。)サイト運営者はネチケットを求めるものの、荒廃の一途を辿るサイトも少なくありませんでした。(ネット上の情報の信頼性の崩壊。)

そこへ誕生したのが、2chでした。2chではネットの特徴である匿名性を更に高くし、基本的には利用者の良識による暗黙のルールの成立を求めるがそれを強要せずに、情報の信頼性の判断を受け手に完全に委ねることで、多様な情報の競合を誘引し、結果として情報の淘汰を実現したものだと考えています。ただし、実際のところ、情報の真偽の判断にはかなりの関連情報とスキルを要求されるため、初心者が簡単に参加できる場所ではないと思います。(情報の受け手側による取捨選択。)

近年のADSL等の安価で高速な接続サービスや、PCの価格の下落が、利用者の更なる増加を促進し、利用者の多様性が益々増してきました。特に、PCの家電化はネットに対する理解の低い利用者を大量生産し、ネット犯罪やウィルス被害の拡大も問題となってきました。(例えば、私の親は、Yahooの検索結果のリンクを辿った先のサイトをYahooとはまったく関係のない人が作っていることがどうしても理解できないようです。)これらの人たちは、ネット上の情報の性格がよく解っておらず、たまたま目にしたサイトの情報を、たまたま目にしたニュース番組と同じ様に受け取ってしまうかもしれません。(ネット上の情報利用の初心者の存在。)

こうやって振り返ると、随分と変わったものだと改めて思います。
しかし、もう利用者の良識による情報の信頼性の成立などは、ありえないし、期待もしません。
私がもっとも懸念するのは、最後に書いた「ネット上の情報利用の初心者の存在」(以下、ネット初心者と略す)です。今後ともネットの利用者は増えると思いますが、そのほとんどがネット初心者であり、彼らの今後の動向は、買ったPCがデフォルトで表示するスタートページ(MSN、Yahoo、又はPCメーカーが用意しているポータルサイト)に大きく左右されると思われます。(または、取扱説明書かな?)
彼らが、上手くネット上の情報を取捨選択できる、良質のネット利用者になる事を期待するものです。
[PR]
by TA-ZZE123G | 2004-11-04 23:11 | ひとりごと(つっこみ歓迎)
「冬を控えて」かな
そもそも、「旅の記録」のはずなのに、最近の記事は全然違うし・・・。
ってことで、今週のTBテーマ秋を感じる画像を一枚!にちなんで、写真を一枚。
b0041634_23482892.jpg

コスモス祭りやってるっていうんで行ってみたら、花は終わりかけでした。
そもそもここはスキー場。本来のシーズンを控えた少し寂しいコスモス畑なのです。
[PR]
by TA-ZZE123G | 2004-11-03 23:54 | 旅の記録
報道ってなに? 第二弾
実際の所、第二弾というほどのものではないかもしれませんが、以前から疑問に思っていた事を書いてみます。

近年のマスコミって、なにかにつけて、一斉に同じ方向を向いてませんか。
(もしかすると、ず~っと昔からそうだったのかもしれないけど、マスコミの動向なんて気にしだしたのは、働きはじめてからなのでわからないのです・・・。)

政財界、芸能・スポーツ、犯罪、事故、災害、なにかひとつ話題になりそうな事があると、各社が競ってそれを追いかける。しかも、各社が同じ切り口、同じ論法であるという事に、なにか恐怖すら感じます。
芸能やスポーツの話題ならそれでいいんだろうけど・・・。

ちょっと昔の話になりますが、鈴木宗男さん・田中真紀子さんが話題の中心人物だった頃、マスコミ各社の姿勢が、号令に合わせたように一斉に向きを変えた様に思えました。
特に、真紀子氏の強気な姿勢に乗っかり、外務官僚を叩いていたマスコミ各社が、某社の批判記事を皮切りに一気に真紀子バッシングへと変移していったのには、どこかで誰かが筋書きを書いているのでは、なんて本気で思ってしまいそうでした。(実際に誰かの思惑が働いた可能性は否定できませんが・・・。)

一面的な情報の流し方も非常に気になります。例えば、政府が立てる政策の背景には、必ず解決を目指す問題が存在するはずですが、そこには触れずにその政策に伴うマイナス面だけをクローズアップすることが異様に多いと思います。

事件や社会現象にはいろいろな見方があって様々な結論が導かれるはずなのに、どこも一様な見方で、同様の結論を導こうとするのは、どうしてなのでしょう。

マスコミには世論を動かす力があるわけで、それは国を左右する力を持っているということです。
この国をどうするつもりなのですか?
[PR]
by TA-ZZE123G | 2004-11-03 01:40 | ひとりごと(つっこみ歓迎)
ボランティア(その2)-ボランティアしたい方へ
その2です。
ボランティア活動に関して問題と思う事を書きます。
なお、神戸での活動時に感じた事なので、今は違っているかもしれません。

--
現地に入ってしまうと情報が殆ど入手できなくなります。避難民と同じ情報しか入手できないため、いろいろ訪ねられても分からない事だらけで、かえって不安を煽ってしまうこともありました。
もともと統制のとれた団体であればいいのですが、基本的に個人個人が寄り集まって自然発生的にできたグループですので情報伝達がうまくいかずに、デマが流れたりもしました。
あらかじめ、グループ内で情報伝達の経路を打ち合わせておく必要があるのですが、素人の集まりではなかなか難しいと思います。

--
避難している人の多くは、避難所でじっとしているだけ(余震が続く間は何もできないため)なのに、自分達はずっと働いている事から、多少の我侭は許されると思い込んでしまうこともありました。今まで経験した事がないほど多くの感謝の言葉をかけられたので、自分が偉くなったように錯覚してしまったのかもしれません。自分達よりさらに横暴なグループを見てその錯覚に気がついたのですが、それがなければ最後には被災地の人たちから迷惑がられる存在になっていたかもしれません。

--
ボランティアはお互いに知らない者同士の寄せ集めなので、なかには胡散臭い者もいたりします。そもそも、まっとうな職に就いていればボランティアにはなかなか参加できないのが現実だと思います。実際に不審な行動をとっている者がしばらくすると姿を消したりしました。
はじめから疑ってかかる事は良くない事だと思うものの、残念ながら互いに警戒する事が必要と思っています。
不審者が一人でもいればボランティアそのものが崩壊しかねない大問題ですから、このあたりはボランティアセンターにも少し頑張って欲しいところだと思います。

--
最後に、ボランティアに参加した人からよく聞かれる話で、私自身もそれに近かったのですが、ボランティアから戻った後、日常に復帰できないのです。
被災地にいると、自分の責任のもと、自分の判断で、自分の行動を決められたものが、通常の社会の中では自分があまりに小さくなってしまうことから、自分のいるべき場所を見つけられなくなる、といった感じです。ひどい人はカウンセラーや医者のお世話になったりしたそうです。幸い私の場合、決まっていた就職先でしっかりとした仕事ができたので、ひどい状態にはならなかったのですが、いずれ元の生活に戻るという事も、あらかじめ考えておかないといけないことの一つだと思います。
[PR]
by TA-ZZE123G | 2004-11-01 23:15 | ひとりごと(つっこみ歓迎)
ボランティア(その1)-ボランティアしたい方へ
前に書いたとおり、ボランティアについて。長くなりそうなので、まず「その1」
神戸での経験から、いろいろ思うところがありまして・・・。

これから、ボランティアに参加したいと考えている方。
いろんな情報を集めてじっくり考えてください。これが、その一助になれば幸いです。
「ボランティア」をキーワードに検索をかければ沢山出てきますが、一つリンクを張っておきます。
現在の防災ボランティア関係情報

実際には、現地の自治体や社会福祉団体が受付をやっていますので、そこに登録することになります。かならずボランティアセンターに連絡をとってから行動しましょう。
※勝手に現地に行っても何もできないばかりか、かえって邪魔になる可能性が高いです。

基本的に、移動手段、宿泊、食事、服装、雨具・防寒具その他の装備等全て自前で用意しなければなりません。
逆に言えば、自分の面倒を全て自分で見れる状態でないと、避難民を一人増やすだけの結果になってしまいます。

神戸の時、「なにか少しでもお手伝いがしたくて」と言って京都あたりから学生が沢山来ました。体力がある人はよかったのですが、そうでない人は避難所で食料を配るくらいしかできず、持ってきた食料が尽きた後は食料を貰う方になってしまい、挙句に、いつの間にかこっそり姿を消す人も少なくありませんでした。また、帰りたいから電車が動いているところまで送って欲しいといった人もいたようです。

現地に行かずともできる事はあります。義援金もその一つですし、ボランティアを支えるボランティアというものもあります。
「自分もなにか力になりたい」という気持ちは大切なものだと思います。しかし、被災地での活動は思いのほか大変なもので、気持ちだけではどうにもならない事がたくさんあって、せっかくの気持ちが伝わらないばかりか、自分も周囲も嫌な思いをすることになりかねません。

まず自分にできることをする。それに尽きると思います。
[PR]
by TA-ZZE123G | 2004-11-01 18:19 | ひとりごと(つっこみ歓迎)
報道ってなに?
そして台風被害は忘れ去られる
私と同じ感覚の人がいるようです。

今日になると、報道のメインはイラクの方に移ってしまいました。
震災は過去の事になりつつあります。その数日前の台風被害なんて、完全に過去の事になっています。

唯一、車中から救助された男の子の様子が流されていました。たしかに、彼の様子や今後が気掛かりなのは人として当然の事ですが、悲劇のドラマの如く彼の様子を放送してしまうことには、憤りすら感じます。

最近良く思うことがあります。
必要な人に必要な情報を伝えていない。それなのに報道だと言えるのか。

現在のメディアは大衆が目を奪われる事件を流しているにすぎません。
大衆の目を引き感動を与える。それは娯楽です。

今、誰がどんな情報を欲しているのか?その中で、より重要な情報は何か?
それを考えない現在のメディアには、娯楽としてしか生きる道はないのかも知れませんが・・・。
[PR]
by TA-ZZE123G | 2004-11-01 12:21 | ひとりごと(つっこみ歓迎)
イラク人質事件とその報道
イラク人質事件に関して。

マスコミと政府の責任について書かれていたのでTBしてみました。

まず、はじめに、私の意見を記しておきます。

同様の拉致事件が過去発生しており、中には亡くなった人もいる事を考えれば、自分の身を危険に晒すことは十分に認識できたでしょう。
なぜ、自衛隊が復興支援に行っているのか?武器を持っていないと身を守れない地域だからです。
また、自衛隊以外でNPONGOやジャーナリストが活動していますが、彼らは現地の人と密着した活動をしています。イラク人と一体化する事で、テロの標的となることを避けています。
そして、自衛隊もNGOも報道も絶対に単独行動しません。当然、大使館の職員もです。

香田さんがイラクに入った目的や理由も判りませんしその事の是非を論じるつもりはありません。

言いたい事を例え話にしてみます。
山登りをする人がいます。登る理由は人それぞれで、たとえ危険であったとしても、他人はそれをとやかく言えるものではないでしょう。
しかし、天気も調べない、装備の準備もしない、そんな人には山に登る資格はない。
そんな感じです。

長くなりましたが、本題に。

今回の香田さんの一件の報道には、甚だ疑問を感じます。
また、政府発表もかなりお粗末です。

この原因はネットなのではないか、と考えています。
従来、遠い国外の情報などは国外メディアの報道が先で、国内メディアはその追認を行うか、又は国外メディアの流した情報を垂れ流すだけでした。
しかし、現在は、まずネット上で情報が凄まじい速さで拡散します。信憑性はともかく速さだけは従来と比べ物にならないでしょう。
マスコミ各社にしてみると、確実な情報を待っていては、情報の鮮度が落ちてしまうと考えるのではないでしょうか。
また、政府としては、対応が遅いと糾弾されることを恐れるのでしょう。
結果、不確実な情報に振り回されたのが今回の一件だと言う気がします。

マスコミ各社としては、誤報を流したという認識はないでしょう。
彼らは、報道に何が期待されているのかを考える能力を失っている思います。
すでに、テレビのニュース番組が娯楽番組になってしまっている様に・・・。

個人的には、現在のマスコミに対して、正確性を期待していませんし、速報性も期待していません。
どちらかと言うと、情報を受け取る個人個人が、冷静に真偽を見分ける目を持つことが必要な時代になって来たのだと思っています。
[PR]
by TA-ZZE123G | 2004-11-01 00:15 | 国際社会